南オーストラリア州ガイド

南オーストラリア州では、最高のおもてなしや素晴らしい料理とワイン、そして、いつまでも記憶に残る景色を持った、国内最高級のゴルフコースがお楽しみ頂けます。

アデレードの白い砂浜や広範囲に広がる緑地庭園をくぐり抜け、世界的に有名なバロッサ・バレー(Barossa Valley)や、ビーチで縁取られるフルリオ半島(Fleurieu Peninsula)でのワイン巡りをご堪能頂けます。カンガルー島(Kangaroo Island)で野生生物に出会い、雄大なフリンダース山脈(Flinders Ranges)の上空を行く絶景のフライトをお楽しみください。南オーストラリア州へのゴルフ・ホリデー。それは、どんなご興味でも十分に満たしてくれる旅です。

州都 – アデレード

オーストラリアにおけるワインとフェスティバルの中心地として知られるアデレード(Adelaide)は、上品で優雅な都市であり、近隣には国内最高級の都市型ビーチやワイナリーがあります。出かければどこへでも20分以内で到着できることから、通称トゥエンティー・ミニッツ・シティー(20分都市)という名でも知られています。滞在中には、うっとりするほど美しいビーチでイルカと遊泳したり、アデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)の洗練されたワインセラーでプレミアムワインをテイスティングしたり、レストラン街やポート・アデレード(Port Adelaide)を散策したりと、様々な楽しみ方があります。

緑地庭園に囲まれたアデレードの中心部では、歴史的な建築物、幅の広い道路、公園、道路脇のカフェ、レストランなどが魅力的に混ざり合っています。そして、それらの全てが徒歩で簡単に行ける距離にあります。アデレードの有名な食事・ワイン体験は、市内の中心部から始まります。ここには新鮮な食品の並ぶアデレード・セントラル・マーケット(Adelaide Central Market)があり、いつでも活気に溢れ、ウォーキング・ツアーを組むことも可能です。アデレード市内から車でわずかの距離にあるペンフォールズ・マギル・エステート(Penfolds Magill Estate)では、オーストラリア・ワインの最高峰「ペンフォールド・グランジ(Penfolds Grange)」が生産されています。ノース・テラス(North Terrace)には南オーストラリア州立美術館(Art Gallery of South Australia)、南オーストラリア博物館(South Australian Museum and)、植物園など、アデレードの文化的魅力が詰まっています。

1月から3月の間、アデレードは夏に開催されるフェスティバルやスポーツイベントの準備のため、より活発になっていきます。これらの行事には、ツアー・ダウン・アンダー(Tour Down Under:自転車のUCIプロツアー)、世界で2番目に大きいフリンジ・フェスティバル(Fringe Festival)、ウォム・アデレード・ミュージック・フェスティバル(WOMADelaide)、クリップサル500スーパーカー・レース(Clipsal 500 V8 Supercar Race)、そして隔年で行われる、有名なアデレード芸術祭(Adelaide Festival of Arts)などがあります。

またアデレードは、野生生物に富むカンガルー島や、アウトバック、そして有名なワイン産地への玄関口ともなっています。しかし、シティーの食事に味覚を魅了され、街の心と精神を感じたとき、そこに少しでも長く残りたいという気持ちが芽生えることは、間違いありません。

地域のハイライト

オーストラリアにおいて、南オーストラリア州ほどアウトバックにアクセスしやすい州はありません。南オーストラリア州には珍しい植物群、様々な鳥類、移動して暮らすエミュー、赤カンガルーなどが生息し、美しい自然水、熱水泉、砂漠、壮大な渓谷なども見られます。さらにはヨーロッパ系移民の名残や、本物のアボリジナル・アートと文化をご覧頂くこともできます。

フリンダース山脈には見所がたくさんあります。フリンダース山脈国立公園(Flinders Ranges National Park)の目玉であるウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)の堂々たる円形競技場を、ぜひ航空機から見下ろしてください。あるいはアーカルーラ自然保護区(Arkaroola Wilderness Sanctuary)で、散策に一日を費やすのもいいかもしれません。権威ある賞を多数受賞しているこの保護区では、極めて壮観な景色が見られ、その絶景に人々は、日中は息をのみ、夜は圧倒されます。さらに北方へと足を運べば、そこには歴史的で、かつ驚くほど風変わりな街、クーバー・ペディー(Coober Pedy)があります。クーバー・ペディーは世界のオパール採掘の中心地であり、地下に作られた住居が無数に見られます。

野生生物は種類に富んでおり、コアラ、ミナミセミクジラ、アシカ、イルカ、エミュー、カンガルー、ワラビー、ペンギン、アザラシなど実に様々です。アデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)の素晴らしい野生生物公園では、訪問客に対して野生動物に食事を与える機会が提供されています。さらにカンガルー島は、野生生物の自然な生息環境が見られる国内最高の環境であり、飼い慣らされていない、彼ら本来の姿をご覧頂くことができます。

さらなる冒険を求めるなら、エアー半島(Eyre Peninsula)まで足を運んでみてください。ここでは、海を泳ぐイルカ、アシカ、マグロなど、美しい野生生物の見られる海岸線の絶景が楽しめるだけでなく、海中に降りる柵の中から迫力あるホホジロザメを観察する、ケージ・ダイビングにも挑戦できます。

オーストラリアのワインの中心地である南オーストラリア州には、バロッサ・バレー、クレア・バレー(Clare Valley)、マクラーレン・ベール(McLaren Vale)、アデレード・ヒルズ、クナワラ(Coonawarra)などを含む、17のワイン生産地域があります。それらの地域には世界的にも有名なウルフ・ブラス(Wolf Blass)、ジェイコブス・クリーク(Jacob’s Creek)、ピーター・レーマン(Peter Lehmann)など200以上のワインセラーがありますが、全てがアデレードから車で1時間以内の距離にあります。早期のドイツ移民によって確立されたブドウ栽培の豊かな歴史と共に、肥沃なバロッサ・バレーは主にシラーズでその名を知られていますが、多種類にわたる銘醸ワイナリーも見られます。南オーストラリア州は素晴らしいワイン地域であり、歴史は深く、温かい地域社会があります。

南オーストラリア州でのゴルフ

南オーストラリア州のゴルフコースの中でも傑出しているのが、世界トップ100にランクインするオーストラリア6コースのひとつ、ロイヤル・アデレード(Royal Adelaide)です。C.L.ガーディナー(C.L. Gardiner )とH.L. ライミル(H.L. Rymill)が設計を担当し、後にアリスター・マッケンジー博士(Dr Alister MacKenzie)が、話し合いの上、コースに貴重な変更を施しました。

ホールを巨大な砂丘の上、あるいは砂丘の周囲にデザインすることによって、マッケンジー博士はその土地の持つ壮大な自然の特徴を、存分に活かすことに成功しました。ロイヤル・アデレードは長い年月をかけて大きく変化してきましたが、その根本的な魅力は失っていません。ロイヤル・アデレードは、その素晴らしいホールと紛れもない冒険性を中心に据え、ゴルフ・エンターテイメントを提供しています。

アデレードのクーヨンガ・グルフ・クラブ(Kooyonga Golf Club)で追加ラウンドをプレーし、バロッサ・バレーやクレア・バレー、マクラーレン・ベールではワインのテイスティングとゴルフを掛け持ちし、エアー半島沿岸では新鮮なシーフードでゴルフの旅をより豊かなものにしてください。フルリオ半島やライムストーン・コースト(Limestone Coast)には壮観な海岸コースがあり、マレー川(Murray River)沿岸には青々とした質の高いコースが数多くあります。ひと味違った風景を楽しみたいのであれば、クーバー・ペディーの樹木のないコース、あるいはナラボー平原(Nullarbor Plain)にある、世界最長と言われるコースに挑戦することもできます。

気候

南オーストラリア州南部は地中海性気候で、冬は過ごしやすく、夏は温かいか暑く、乾燥しているのが特徴です。州の年間降水量のほとんどが6月から8月までの冬の間のものであり、夏においては北部地域、特にフリンダース山脈やアウトバックでは、気温が非常に高くなることがあります。夏の期間、南オーストラリア州のアウトバックは大変高い気温に達するものの、ひとたび太陽が沈むと気温は急激に低下し、夜は非常に寒い場合もあります。

読み込んでいます...
地図データ地図データ ©2012 Google, Tele Atlas - 利用規約
地図データ
地図データ ©2012 Google, Tele Atlas
地図データ ©2012 Google, Tele Atlas
地図
航空写真