ハミルトン・アイランド・ゴルフ・クラブ

グレート・バリア・リーフの端、完璧なロケーションを持つハミルトン・アイランド・ゴルフ・クラブ(Hamilton Island Golf Club)は、世界のゴルフコースの中でも最も壮大な景色と環境の中にあるゴルフクラブのひとつです。

クラブについて

ゴルフ場設計オフィスであるトムソン・ペレット(Thomson Perret)の、元世界チャンピオン、ピーター・トムソン(Peter Thomson)によってデザインされたハミルトン・アイランド・ゴルフ・クラブは、隣接するデント島(Dent Island)に位置し、オーストラリアで唯一の離島のチャンピオンシップ・コースであり、完璧なゴルフ休暇を過ごせるお勧めのクラブとなっています。

創案から建設、そして毎日の運営を通し、ハミルトン・アイランド・ゴルフ・クラブは世界最大の海洋保護区域であるグレート・バリア・リーフ海洋公園(Great Barrier Reef Marin Park)の手付かずの環境を保護するため、献身的に取り組んできました。

デント島に見られる、険しく、美しい自然は、その山岳地帯とともに、奥まった入り江やビーチ、隣接する島々から本土にかけて、360度見渡せる驚くほど美しい景観をもたらしています。

クリス・ベッキンガム(Chris Beckingham)のデザインした素晴らしいクラブハウスは、優しい海風を受け、パッセージ・ピーク(Passage Peak)や眩い珊瑚海(Coral Sea)の印象的な景色を眺める理想的な場所に建てられています。クラブハウスには、上品でくつろいだムードのレストラン・バーがあり、品数の豊富なプロショップや、男女それぞれのロッカールームもシャワー付きで備わっています。担当のスタッフによって、予約の手続き、レンタルクラブ、コース上での軽食、包括的な専門指導など、より快適なゲームを楽しめるよう様々なサービスが提供されています。

ハミルトン島(Hamilton Island)の空港はウィットサンデーズ(Whitsundays)で唯一の民間空港であるため、そのアクセスは簡単です。シドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズからは直行便が出ており、オーストラリアの他の主要都市との連絡もシンプルです。ハミルトン島に到着した後、港から出ているフェリーに乗れば、デント島まではわずかな時間でアクセスできます。

デザインの特徴

ピーター・トムソンはこのコースを、プレー頻度の少ないゴルファーからプロフェッショナルまで、全レベルのゴルフファンが満足できるよう設計しました。コースでは一連のホールが山の背に沿って広がっており、深い谷をまたいでプレーができるようデザインされています。

レイアウトは地形に合わせて作成され、より急勾配でダメージを受けやすい区域を避けるため、最もリスクの少なく済むよう造られた、全体的に広いフェアウェイが広がっています。コースにおける高低差、プレー禁止区域、止むことのない浜風によって、バックティーのプレーヤーは大変なチャレンジを強いられます。一方で、前方のティーからであれば、楽しいリゾートゴルフが満喫できるようにもなっています。

パー71のこのコースの特徴は、デント・パッセージ(Dent Passage)とハミルトン島をパノラマで見渡せる島中央のクラブハウスに戻るまでに、二つの、全く異なる9ホールがある点です。島の中央をコンパクトに囲み外側へと広がる9ホールと、島の尾根に沿って南へと伸びる、もうひとつの9ホールです。

コースのハイライト

14番 パー3 150メートル

このシグネチャーホールにおいては、勇気と直感が必要とされます。距離も然ることながら、吹く海風がクラブの選択に大きく影響するため、細心の注意を払うことが大切です。

4方向のうち実に3方向をバンカーに囲まれた砲台グリーンを持つホールであることから、グリーンを捉えるには、ほぼ完璧と言えるティーショットが求められます。仮にもうひとつ方法があるとするならば、グリーン左サイドにつけ、比較的易しいピッチショット、あるいはパットへとつなぐ方法です。ショットが短すぎたり、あるいはすぐに落ちてしまったりした場合は、森の中から打ち出せる可能性は皆無に等しいため、打ち直しをする必要があります。ここは焦らず3打かけ、胸を張って次のコースへと向かってください。